2017.2.14 ブログ

4年前の僕から届いたビデオレター

 

どーもHASSYです。
先月の20日に30歳になって早一ヶ月が経とうとしています。

こないだ整骨院に行ったら

四十肩が始まってきてる

って言われました。汗

こんだけ踊ってたらなるハズないんだけど、使ってる筋肉の偏りが激しくて、弱い部分に負担がだいぶかかっているそうです。

筋トレしまーす!

まぁ、オッさんだなーと思いつつも、どこか自信を持てる部分もあったり、若さが羨ましくも歳を重ねることの深さも感じているこの頃ですが、

こないだ撮影をしながらどえらいことを思い出したんです。

『普段一眼カメラで撮影をよくするけど、
今日のこの撮影なら一眼じゃなくてビデオカメラの方が効率が良いんだけどな・・・
あれ?オレ持ってなかったけ?
いや、確か昔使ってたやつあったけど、何年後かに見たい映像データが入ってて、その何年後かの日にちをビデオカメラにマジックで書いてたしな・・・あれ外に持ち出すのは恥ずかしいか・・・ん?アレいつ見るつもりやったっけ?・・・30歳になったら・・・みたいな・・・2017年1月・・・

はっ!!!!

2017年1月20日!!!!!!
30歳の誕生日に見ようと思ってんやった!!!!

 

とんでもないことを忘れていました。笑
実は26歳のとき。そう、4年前に僕は
【30歳になった未来の自分】に向けたビデオレターを撮影していたんです。

急いで家に帰って昔の荷物をあさりましたよ。

確かビデオカメラにマジックで書いた日付が消えてしまわないように、上からセロハンテープを貼ってたんです。

お。

ありましたありました。

img_3207
セロハンテープがもう黄色くなってます。

ちなみに上の読めない文字は
2013/3/24
という文字が、テープで隠せてなかった箇所だけ消えたものです。

実は2012年に、一度1年後の自分へビデオレターをしてたんですね。
それを見る予定にしてたのが2013/3/24だったということです。

特に3/24に意味がないので、恐らく2012年のこの日にビデオレターを思いついたんでしょう。

確かその一年後の自分へのビデオレターを見たときは、正直感動もしないというか、やっぱりたった一年とは言え若い、甘い、浅い。
理想と現実をまだ知らない頃の自分で、まぁ目標に向かって進んだからこそ過去の自分に対して『そんなうまくいかねぇよ』って思う気持ちがあるんでしょう。
少し鼻で笑う程度の感想でした。
でも、自分なりにしっかり芯があるなと思うこともあったり、描いてた未来よりも素敵なモノを手に入れてたり、自分を知る、自分の成長を知る、過去の自分の考えを改めて見直す、そんなプラスな面も大きかったので、次は一年後の自分へ!・・・とは言わず・・・

そうだな、30歳!

と決めたんです。
その当時の感覚は、30歳なんて全く想像もできない、まるでSF映画を想像するような気分で2017年を捉えていました。
逆に今から4年前の自分が真剣に未来について語る映像を見るなんて、内容も全く憶えていないし、まるでタイムマシンに乗るようなドキドキ感がありました。

たった4年でドキドキするんなら、映画やアニメの世界のタイムマシンなんて耐えれるもんじゃないですよ。吐きます。間違いなく。

img_3215
さてさて。

そんさっそくPCにつないで、データを開いてみましょう。

 

 

 

 

 

 

img_3214

 

いました。
4年前の自分です。

 

 

金髪ですよ。前髪ですよ。前の家ですよ。

今の自分ではちょっと考えられないフレッシュな感じがありますね(笑)

さて、4年前の僕は、まず最初に何と語りかけるのでしょうか・・・

 

ポチっ。(再生)

 

 

 

 

 

 

『えー・・・

30歳、誕生日おめでとうございます。

現在、、、2013年、、7月10日です』

 

 

4年前の僕が、今の僕の目をしっかりと見ながら真剣な表情で話し始めました。

 

 

続く。