2017.6.11 ブログ

#08 “都合”【メンタルゴーストを手なづけろ!考え方で人生が変わるブログ】

 

さて本日も始まりました
メンタルゴーストを手なづけろ!考え方で人生が変わるブログ
のお時間です。

ダンサーHASSYが日々駆使している脳の中身をみんなに見せてあげよう、というすっごい上から目線の自己満ブログでございます。

今回は

 

都合

 

についてです。

 

 

前回も少しお話ししました
『進撃の巨人』が大好きな私ですが、

 

進撃の巨人にとても良い名言があるのです。

『良い人か、、、それは、、、その言い方は僕はあまり好きじゃないんだ。
だってそれって、自分にとって都合のいい人のことを
そう呼んでるだけのような気がするから。』

 
コレですよ。
こういったあたりが進撃の巨人の面白さなんですが、
『あの人は優しい!』なんて思うことがあると思います。
ですが、

 

本当にその人は優しいですか?

 

それとも、

 

《その人はあなたにとって都合がいいだけですか?》

 

 
好きなタイプは
『優しいけど時には叱ってくれる人』
なんて言う人をよく見ることがありますが、

 

 

優しくしてほしいときは優しくしてほしい、
叱ってほしいときは叱ってほしい。

 
それってあなたにとって都合がいいだけじゃないですか。

 
優しくしてほしいときに叱られたら?
叱ってほしいときに優しくされたら?

 

嫌なんでしょ?

 

でもそれが思いやりだとしたら?

 

優しくしてほしいときは甘えたいとき。
そんなときこそ自分を奮い立たせないといけないとしたら。

 

叱ってほしいときは自分自身で改善できないとき。
そんなときこそ自分の力で乗り越えれるよって信じてくれたら?

 
人としてあなたが大きくなることを、
精一杯応援してくれてるとしたら?

 

 

その優しさにあなたは気づくのでしょうか。

 

就活に関しての記事なんかをネットで読んでいると、

 

『面接を受ける会社を褒めるな!けなせ!』

 

なんてことが書いてあります。

 
そら自分達のことを好きと言ってくれて、
自分達のことを褒めてくれたら嬉しいですよ。

 

そんな部下がいたら、
『すごいっす先輩!』
ってなって楽しいし、言う事もよく聞いてくれて楽でしょう。
でも、それって《都合》がいいだけじゃないですか。

 

その会社は今の歩き方のままでしか進めないんですよ。

 

本当に大きくしたいなら、必要なのは反対意見なのです。

 

自分が正解だと思っていることに意見の偏りがあるかもしれない。

 

そこを広げていかないと大きな発展は難しいじゃないですか。

 

ミーティングで誰も反対意見がなければミーティングなんてする必要がないんですよ。

 

何故ミーティングをするか、それは自分の意見とは違う意見が欲しいから。

 
自分にとって都合がいい事(人)と、

自分にとって必要な事(人)は違います。

 

あなたが誰かにとって必要な人になろうとするとき、

 

あなたがしていることは
本当に『必要な人になるため』の努力ですか?

 

ただ相手にとって『都合がいい人になるため』に動いてませんか?

 
就職面接で相手を褒める人は、

もしかしたら
『都合の良し悪しで人を選んでます』
と自分から言ってしまってるのかもしれませんよ。

 

 
自分の《都合》のいいように物事を選んで、
あなたは本当に幸せになれるのか。

 

自分にとって《必要》なものは何のか、
もう一度向き合ってみてはいかがでしょう?

 

 

 

 

––––

 

 

そんな厳しい本格的なダンスレッスンをマンツーマンやプライベートで受けてみたい方はこちら

ダンスのレッスン