2017.5.28 ブログ

#06 “決断の刻” 【メンタルゴーストを手なづけろ!考え方で人生が変わるブログ】

さぁ本日も始まりました【メンタルゴーストを手なづけろ!考え方で人生が変わるブログ】のお時間です。

今回はおもいっっっきりシンプルに短い文章でとっっっても大事なことをここに書きたいと思います。
先日は私が読んだ記事に、

時間が過ぎる早さの感じ方は年齢に反比例する

とありました。
毎年年末になると、
『今年一年、早かったかい?』

なんて会話になることもありますが、

10歳の子供の一年の感じ方と、
80歳の老人の一年の感じ方だと、

10歳の子供の方がゆっくり長く、
80歳の老人の方が早く短く感じるんだそうです。

なんとなくイメージできる話ですよね。
なのでそれが何故か、というのは置いておき、

実際の人生の長さではなく、

体感的な人生の長さ

で時間を考えるとどうなるか、という内容がとても面白いものでした。
『実際の人生の長さ』は、寿命80歳の場合

《半分は40歳》ですね。40歳になって、

『あぁ、残り半分か』となるわけです。
ですが、

体感的な人生の長さ》は、歳をとればとるほど時間は早く過ぎるわけですから、

ジェットコースターで言うと登ってる時間はとても長く、下る時間はあっという間。
進んだ距離としては下ってるときの距離の方が圧倒的に長いのに、登ってる時間がとても長く感じる原理と同じことになると。
その
体感的な人生の長さ》で人生の真ん中は何歳になるか、を考えたところ、

なんと
20歳

という結果が出たそうです。
つまりは、5歳の頃から記憶が残り始め、そこから20歳になるまでの15年の時間の経過の早さと、

20歳から80歳になるまでの60年は同じぐらいの時間のスピードで感じると。

20を越えたのであれば、もう人生の半分を越えているということです。
20歳になった段階から、もう一度それまでの20年を過ごす時間ほどしか、あなたの人生には時間がないと感覚的には言えるそうです。

 

僕がダンスに本気になったのも、

大学に進学して、4年のうちにダンスで結果を残せなかったら就職しよう!と決めていたのに、大学1年があっという間に合う終わってしまい、

この時間の流れのスピードでは今のペースの努力のだと絶対に間に合わない!

 

と感じたからでした。

 

 

 
さぁ、そんなあなたは今、何を決断しましたか?
今選んだあなたの歩き方は、気づけばあっという間に終わりを迎えます。

 

悩んでいる間も、時間は止まってくれません。

 
それでいいですか?
そのままでいいですか?
決断するなら、今ですよ。

最新記事