2016.11.3 ブログ

文化祭シーズン!!君は自分の学校に不満はないか?

どーもHassyです。

本日は文化の日!ということで文化祭や学園祭シーズン真っ只中ですね^_^

学生の皆さんは何かとワクワクする時期じゃないでしょうか。

そんな中私は文化祭中の学校であったオープンキャンパスのダンス体験授業をして参りました。

img_2619

正門には華やかな飾りが。
体験授業を終えてからちょっと学園祭を見え回ろうかなんて思いましたがあまり時間がなくスッと帰ることになりました。トホホ。

まぁ、僕が学生のときから基本的に文化祭なんてのは楽しむ時間が無かった人間ですからね。
これはエンターテイナーの宿命というか、大学では文化祭のダンス部のステージの大トリを2年生のときから任され3年連続大トリという大役で、責任とプレッシャーから文化祭中はほとんど練習でしたからねー。
屋台なんか楽しむのは毎回ショーが終わってからわずかな時間だけでした。
結婚式なんかもそんな感じですよね。
大切な友人の結婚式はだいたい踊ってくれと言われるので、踊り終わるまで気が抜けないというか、途中の感動するとこでは泣いてるわけにはいきませんから、いつも終わってから影でというか、感動シーンが終わって笑顔で盛り上がってるタイミングでコッソリ泣いてる感じです笑

のでいつも感動するところで感動してないように見られるから冷たいやつだと思われがちです( ´Д`)

思えば高校のときからそんな感じないでしたね。

文化祭では全然ダンス経験のない友達にダンスを教えて、本番終わってから一人誰もいない教室でホッとして『あー終わったな・・・』って寂しくなって泣くみたいな。照

でもそれだけ一つ一つに想いがこもってるんです。

ちょうどこの時期、インスタなんか見てると色んな人達が学祭の動画とか載せてますが、ステージの場所とか環境がすごい大事だなーと思うのです。

やはり本番のお客さんの入りとか盛り上がりって大事じゃないですか。
それはステージや会場の雰囲気が大きく影響しているわけで。

なんか、練習や日々の努力って、本番にすべて返ってくると思うんですよね。

本番大成功だった!そう思えたときに、初めて練習して良かった、日々苦労して良かったと思えるし、
それがコーチや先輩、仲間、支えてくれてる人への感謝の気持ちにも繋がるし、たくさんの意味を知るきっかけになるんです。

良い環境の中だからこそ、何か失敗したとしても、それが大きな悔しさとかもっとあぁすればっていう後悔や成長に繋がるんですけど、
環境的に不満があるときに失敗しても、心に響かないし、成功したって、何か物足りないじゃないですか。

学校だったり、イベントやコンテストもそうですが、日々の努力が何かしら形になる瞬間を作る人達は、その環境作りというものにもっともっと熱を入れてほしいと思うことも多々ありますね。

今まで学校の文化祭や卒業公演など色々見てきましたが、もっと考えてあげれたんじゃないか、もっと熱くなれる環境を作れたんじゃないのか、そう思うこともたくさんありました。

本気で熱くなれたからこそ、
全力でぶつかれたからこそ、
感謝の意味がわかったり、
仲間の大切さを知ったり、
努力の価値を確かめれたり、

人として、心に深みを増していくと思うのです。

その深さが、
人を想う気持ち、
人を愛する気持ち、
夢を追う強さ、
今を全力で生きる素直さに繋がっていくと。

そういう立場に関係している方は是非見直してみてほしいなと思います。
ちなみに今日の体験授業で頑張った自分へのご褒美は
豪華なお弁当でした。笑

img_2618

何ごとも全力で走ろう。
努力すれば何事も必ず変えることができるから。

img_2617
たまたま見つけたポスター。

ではまたm(_ _)m
Second Line Entertainment では
あなたの気持ちや努力を全力でサポート致します

トップページ

最新記事