2017.3.7 ブログ

プライベートレッスンを【受けてみた】

どーもHASSYです。
我々Second Line Entertainmentでは
【ハシゼミ】や【コニゼミ】など普段のレッスンでは教えきれない部分を教える研究会や、
【プライベートレッスン】のシステムを取り入れたダンスレッスンなどをしているわけなんですが、

このシステムを使って、僕自身が
【尊敬してる先生を呼んでマンツーマン】で
教えてもらうということを先日してもらいました。笑

このシステムを考えたのは僕たちですから、
インストラクターにとってもいい条件、受ける側にとってもいい条件となるように組んでおります。

ので、お願いした先生も快く引き受けてくださいました(^^)
いや、爆裂に良かったです。
質問しまくりました。笑
聞きたいこと全部聞きました。
だって先生独り占めですもん。笑

 

先生も
『ここまで細かく教えたことない』
とおっしゃってました。

まぁ僕もインストラクターしてるわけですからわかります。
普段のレッスンでは教えれないんですよ。

カレーの作り方教えてって言われたときに

『野菜切って、ルー混ぜて、』と教えるのか、

『まずスパイスの説明からしますね』と教えるのか、

これぐらい違うわけなんです。

 

こだわる人はこだわるし、
こだわらない人はこだわらない。

 

じゃあ【スパイスからカレーを作る人】と、
【市販のルーで作る人】、

どちらが多いかというと【市販のルーの人】の方が多い。
でも『美味しいカレーは作りたい』わけです。

じゃあどんな風に教えるかっていうと、

『ここで隠し味に醤油を入れるんです』

みたいに、マニアックじゃないけど一歩先をいってる部分になるわけですね。

 

これはダンスでも同じで、
本当に先生みたいな踊りをするために必要な方法ではなく、
【皆さんが一歩先にたどり着くため】の指導がレッスンでは非常に多いです。

カレーをスパイスから作るのはさすがにしんどいと思うのと同じように、
プロフェッショナルな踊りをするのには相当な知識と努力が必要です。

一般の料理教室ではスパイスの知識からは教えられないわけなんですね。

そこで登場が【プライベートレッスン】や【ゼミ】などの、『より深いところまで潜ってみよう』というこのシステム達なんですね。

隠し味を入れるだけではなく、スパイスから作ることで本当の自分の好みのカレーを作れて、料理がまた一段と楽しくなるかも。

僕自身がマンツーマンを受けてかなり世界が広がりました。

皆さんも深い世界に一度、潜ってみてはいかがでしょうか?

ダンスのレッスン