2017.6.16 ブログ

キモい私が綺麗になるまで・:*+.\(( °ω° ))/.:+♡9

どうもー!٩(^‿^)۶
Second Line Entertainmentの
可愛い担当miyapiです!


って今まで散々言ってきましたが。


最近気付いたんです。




そろそろ自分「キモいな。」って。(´;Д;`)




という訳でこの度、
金曜日担当のmiyapiは


『キモい私が綺麗になるまで・:*+.\(( °ω° ))/.:+』


というテーマでblogを書くことにしましたー!



・*・*・*・


最近はヨガとピラティスを交互に受講しているんですが、、、


やっぱり難しい!!!!!


結局、やってて感じるのが
何事も基礎が大切ってことですね。

なので基礎クラスでゆっくりと
『どの筋力を使って
どこを伸ばしているのか』

を確認しながら意識して動かしている時が1番上手くいかずに悔しい気分になります-_-!

なかなかしっくりこなくて苦戦していると、自分が普段ダンスのレッスンで
『出来ないことを適当に流して踊るな』って注意してることと一緒やなぁと基礎の大切さを実感したりもします。。笑

うん、難しいから努力するんだよ!( ^ω^ )



というわけで、
今回はmiyapiが苦戦しているポーズの1つ
ダウンドッグ』の紹介をします!

img_8028

⬆︎こんな感じにお尻を突き上げたようなポーズです。

このポーズに入る基礎の流れはこちら
①四つん這い(または、プランクポーズから③へ)

②お尻をかかとに下ろし腕を伸ばす(おでこは床に

③お尻をアップさせてダウンドッグ



簡単そうに見えるでしょー?

気をつけることは沢山!
①のスタート位置では手は肩の真下に、膝と足幅は坐骨幅に
ダウンドッグに入りながら手や足をつき直したりせずスムーズに流すのです。

更に意識をして動かす上で難しいのはダウンドッグに入った時の背中の伸ばし具合と骨盤の角度の意識で
腕からお尻の尾てい骨まで一直線に伸ばすこと!なのです。

もちろんふくらはぎ、太もも裏、肩回りが硬い方はポーズを取るだけでもしんどいそうなのですが、miyapiの場合は柔らかすぎて全て反り過ぎてしまうのを抑えなければいけないのが難しいのです。。

腕の伸ばしすぎ(猿手)も注意!
●背中と腰が反ることも注意


となると、ただただ気持ち良く伸ばすのではなく、お腹を薄〜くするイメージで引き上げたりなど、良いポーズになるために身体のコントロールをする事が必要というわけなのです!

お腹を薄〜くしようとすればしっかり呼吸をして息を吐く事が必要になります。って、ヨガの必ず呼吸をするっていう決まりが理にかなってきましたよね( ̄∀ ̄)!


さてさて、コレをやってどうなるのか!
そこが気になるところですね!

それがこちら!!じゃん!

* ストレス解消
* 足腰の疲労回復
* 頭痛・肩こりの改善
* 背骨のゆがみ解消
* 二の腕、太ももふくらはぎのシェイプ



嬉しい効果がいっぱいー!!!
これは早く攻略しなければ!!!!(*´Д`*)




って。必死にやってるこのダウンドッグ、ヨガマスターの方達には休憩のポーズらしいです。(°▽°)


効果の中に頭痛の改善ってあるけど、
miyapiは毎回ダウンドッグした後は頭痛がきます。(°▽°)
だから正直ゆううつーー。(°▽°)



ヨガマスターへの道のりもまだまだ遠い!
でも皆さんも是非試してみてねー!


てことで本日はこの辺で^^
またね★