2017.7.31 ブログ

【頭の回転を早くする方法】#HASSYの必要不要ランキング05

 

HASSYです。

 

 
『頭の回転』ってのは早ければ自信になるし、
遅ければちょいと自信の無さにつながったりしますよね。

 

 
そこでズバリ、

 

 

『頭の回転って早くなるの?』

 

 

 

ってことですが、

 

 

 
もっちろんなります。

 
この方法を手に入れることができれば
『頭の回転が遅い〜』なんて悩みはなくなるでしょう。

 

 

 
さて、その方法とは?

 

 

 

それは簡単。

 

 

 

 
経験しまくる

 

 
ことです。

 
僕は子供の頃からRPGが好きで、
戦ってキャラクターを成長させてラスボスに挑んだものです。

 
そのキャラクターが成長するために必要なものって何かご存知ですか?

 

 
成長のためのアメ?
エネルギーボール?
パワーアップドリンク?

 

 

 
違います。

 

 

経験値

 

 

 

です。

 
ゲームとはよくできたもので、

 

キャラクターが成長していく過程で必要なのは
『経験値』

 

英語でいうと

『EXP(EXperience Point)』なのです。

 

 
成長するためには経験者が必要なことを教えてくれてるんですね。

 

 

 

頭の回転も同じ。

 

 
経験することです。

 

 
しかしここで重要なのは、
ただ頭を使う『場面』を経験するのではなく、

 

 
実際に『頭を使う』ということを経験することです。

 

 

 

ダンスでアドバイスを求められたときも、僕はすぐに答えません。

 

 

何故かというと

 
『本人が考える力を身につけないと成長はできない』

 
からです。

 

 
なので、
『これからどうしたらいいですか?』
『全然わからないんですけど』

 

 

といった漠然した質問には

 
『自分はどう感じたの?』
『どこまで理解できたの?』

 
と返します。

 

 

自分で考える、ということをしない限り
その場しのぎの練習や経験など、積まれていかないのです。

 

 

そうやって一つの場面で真剣に考える、ということをすると何かしら共通点のある場面でもその経験は形を変えて活かされていきます。

 

 

車の運転では車線を一つ横に移動するだけでも
必ずサイドミラーで後ろから車が来ていないかを確認します。

 

 

その経験は、自転車や歩行者にも活かされていきます。

 
道をまっすぐ歩いているところ、もしくは自転車でまっすぐ走っているところから、ふいに曲がったりするとき。

 

 

車の運転に慣れている人は必ず後ろを確認します。
自分を横切ろうとしている自転車や人がいるかもしれないからです。

 
ですが、何でしょう。
車の免許持ってないのかな??みたいなオバハンは必ず後ろを確認しません。接触事故ですよ。勘弁してくだせー。

 

 

 
そんな風に場面は違えど一つ一つ、しっかりと考えるという経験を積んでいればその経験値は様々な場面で姿を変えて活かされていくものです。

 

 

普段から自分はどんな人間なんだろう?みたいな事を考えてる人は、就職の面接なんか練習しなくても平気です。

 

そのときだけ乗り切ろうとする練習なんて、面接官からすれば全てお見通しでしょうね。

 

 

 

人生は全てが経験値になります。

 

 

忙しい日々も、暇な日々も、その機会の中で考えるということを繰り返していれば必ず頭の回転は早くなります。

 

 
つまり。

 

 

 
何故あなたの頭の回転が遅いのか。

 

 

 
答えを言いますと、

 

 

 

 
テメェが何も考えずに生きてるからだよ!!!!!!

 

 
どーせ人に頼って生きてきたんだろ!!!!
流されるがままに生きてきたんだろ!!!!

 
よく考えたら頭の回転を早くする方法なんて経験積むしかねぇってわかんだろうが!!!!!!!

 
それをちゃんと考えず楽な方法探してこのブログ覗いてるからダメなんだよっ!!!!!!!

 
自分で考えることをしろ馬鹿やろぉ!!!

 

 

 
とにかく頭の悪さがコンプレックスなあなたに必要な
とっておきの改善方法ランキング第1位。

 

 
『自分のことぐらい自分で考えろ』

 

 
です(*´∀`*)

 

 

ちなみにどれだけ考えてもわからなくなってきた、、、

 
そんな人にはHASSYがアドバイス⤴︎
あなたの知らないあなたを発見させてあげませう。

ご予約はこちらから

ダンスのレッスン